タイル式原油精製所 0.15

Factorio Blueprint: Tileable 0.15 Refinery
ブックマーク推奨

当サイトは仮公開中につき、記事タイトルや本文の表現が今後調整されます。気に入った/気になったブループリントをあとから探せなくなる可能性があるため、それらの事態を回避したい場合はブックマーク等をおすすめします。

原油精製工場はロボットステーションの物流エリア内に収まるので、これらをタイル状に並べれば工場はロボットたちが自動的に建造してくれます。

原油精製所は軽油/重油の量が 10k を超え、貯蔵されている量が割れた液体を上回ると燃料等の副産物製作を開始します。

軽油が 23,500 ユニットに達すると固形燃料を作り始め、24,000 ユニットに達するとガスから作り始めます。効率の観点から見ると、軽油から固形燃料を作るのが最も効率的です。重油から固形燃料を作る専用のプラントはありません。

その結果、どんな副産物であっても常に最低 10k は確保できることになります。それ以上の副産物については、原油精製所は製品を平準化し、副産物がいっぱいになりそうになると固形燃料に変換します。重油の場合は分解して固形燃料に変換します。

精製所はタンクと6つの提供者の箱が満杯になるまで働き続けます。

補足説明

完璧な比率は 25:3:21 (精製所 : 重油→軽油 : 軽油→ガスで、このブループリント設計図は 8:1:7 という十分な近似値を使用しています。副産物は生産より若干早く分解できます。また、両方の固体燃料工場は原料から生産するよりも少し早く動作します。

さらに、副産物ごとに 5 つの貯蔵タンク、4 つの原油用タンク、2 つの水圧チェック用タンク (空の場合はさらに水を供給する必要があります) があります。

精製所は隣接して配置することで、電力と必要な製品を供給し、副産物を同じパイプネットワークにつなげます。1 つ供給すると、すべてに供給されます。ロボットステーションの上部と側面には 1 タイルの物流エリアがあり、製油所間の通路を作ることができます。

ブループリントを見る

『Factorio』で利用できるブループリントの掲載ページへのリンクです。該当ページで表示されるコードをコピーして、ゲーム内のインポート欄にペーストすることで登録されます。"Factorio Blueprint Editor (FBE)" を利用してブループリントの完成形を確認することも可能です。

ご注意

一部のブループリントはコードに不要な改行が入っており、データとして無効な形式になっていることが確認されています。『Factorio』で生成されるブループリントのコードには通常、改行 (\r\n) は含まれないため、コード内の改行を削除することでインポートが可能になる場合があります。

この記事を書いた人

もょもと

もょもと

没頭できるゲームを求めてうろうろしている週末ゲーマー。RPG, ハクスラ、シミュレーションゲームが大好物です。