1.0サイエンスブック

Factorio Blueprint: 1.0 science book
ブックマーク推奨

当サイトは仮公開中につき、記事タイトルや本文の表現が今後調整されます。気に入った/気になったブループリントをあとから探せなくなる可能性があるため、それらの事態を回避したい場合はブックマーク等をおすすめします。

この設計図集には、さまざまな種類の科学の設計図が掲載されています。各設計図では、以下のリストから原材料を受け入れる。鉄、銅、鋼、石炭、石煉瓦、プラスチック、硫黄、潤滑油、そして硫酸です。ブルーサイエンスの設計は0.17と1.0で同じです。なぜなら、インプットを変えるだけで、設計図はまったく同じになるからです。

各工場では、回路、高度な回路、ギア、パイプ、その他すべてを独自に製造しています。

すべてのビルドは青のアセンブラを使用しているので、必要であれば生産科学の前に実用科学を構築することができます。また、すべての入力ラインが一杯の場合、毎秒1.5サイエンス(つまり90サイエンス/分)の生産が可能なように設計されています。もし全ての組立機を3S組立機にアップグレードすれば、バッテリー用の化学プラントを1つ追加する必要があるかもしれませんが、それ以外は全て順調に動作し、毎秒2.5サイエンス(つまり毎分150サイエンス)を生産できるはずです。

これは0.17用に作成されたものですが、1.0でも問題なく動作します(私がテストしました)。

ブループリントを見る

『Factorio』で利用できるブループリントの掲載ページへのリンクです。該当ページで表示されるコードをコピーして、ゲーム内のインポート欄にペーストすることで登録されます。"Factorio Blueprint Editor (FBE)" を利用してブループリントの完成形を確認することも可能です。

ご注意

一部のブループリントはコードに不要な改行が入っており、データとして無効な形式になっていることが確認されています。『Factorio』で生成されるブループリントのコードには通常、改行 (\r\n) は含まれないため、コード内の改行を削除することでインポートが可能になる場合があります。

この記事を書いた人

もょもと

もょもと

没頭できるゲームを求めてうろうろしている週末ゲーマー。RPG, ハクスラ、シミュレーションゲームが大好物です。