ロジスティックネットワークリンカー(LNL) – Aero182218製

Factorio Blueprint: Logistic Network Linker (LNL) - By Aero182218
ブックマーク推奨

当サイトは仮公開中につき、記事タイトルや本文の表現が今後調整されます。気に入った/気になったブループリントをあとから探せなくなる可能性があるため、それらの事態を回避したい場合はブックマーク等をおすすめします。

基本的にはロボットをリンクさせることなく、ロボポートの物流ネットワークをリンクさせることができます。また、メインベースにアイテムの備蓄を行い、別の物流ネットワークがベース全体を消耗させないようにします。
メインベースの物流ネットワークから独立した物流ネットワークを作成することで機能します。すべてのMODで動作するように、”すべてを読み取る “ことができます。そのため、代替物流ネットワークはメインベースからすべてのリソースを奪うことはありません。(メインベースは要求者チェスト側です)。

これはバージョン6です。バージョン5は完璧に動作しますが、このバージョンの完全なテストはしていません。バージョン6では、インベントリ・リソースの値が10以下でも読み込むようになっています。

元々は、前哨基地の物流ネットワークが必要としている「建設用資材の不足分」を「読み取る」ことが目的でした。これを本拠地の依頼主チェストに流し、前哨基地ネットワークのパッシブプロバイダーにアイテムを転送するつもりでしたが、その方法がないので、チェストを介してすべてを読み取り、一定の上限(例えば200以上)を超えたものを供給することを考えつきました。
バージョン6では、一般に200個以上生産しないもの(例えば原子炉)を供給したいと思うようになり、それを解決するために、小さな回路網と要求元のチェスト(他のチェストの上の要求元)を追加しました。もしこれが失敗したら、一番上の要求器を削除すれば、基本的に設計図のバージョン5が完成します。
お楽しみに

ブループリントを見る

『Factorio』で利用できるブループリントの掲載ページへのリンクです。該当ページで表示されるコードをコピーして、ゲーム内のインポート欄にペーストすることで登録されます。"Factorio Blueprint Editor (FBE)" を利用してブループリントの完成形を確認することも可能です。

ご注意

一部のブループリントはコードに不要な改行が入っており、データとして無効な形式になっていることが確認されています。『Factorio』で生成されるブループリントのコードには通常、改行 (\r\n) は含まれないため、コード内の改行を削除することでインポートが可能になる場合があります。

この記事を書いた人

もょもと

もょもと

没頭できるゲームを求めてうろうろしている週末ゲーマー。RPG, ハクスラ、シミュレーションゲームが大好物です。