バランサー v1.01

Factorio Blueprint: Balancers v1.01
ブックマーク推奨

当サイトは仮公開中につき、記事タイトルや本文の表現が今後調整されます。気に入った/気になったブループリントをあとから探せなくなる可能性があるため、それらの事態を回避したい場合はブックマーク等をおすすめします。

スループット制限のない完全なカウントバランスと、ルードバランスのサイドバランス。4、8、16、32レーンで利用可能。のついた設計図は、初歩的なサイドバランスを実装しています。これらのバランサーは安くもなく小さくもありません。メガレーンでのドロップ用に設計されています。
もし奇数のバランサーが必要なら、一つ上のバランサーを使い、未使用の出力を未使用の入力と接続します。
このバランサーはフラクタルバランサーで、各バランサーは2つ前のバランサーを入力として使い、2つ前のバランサーを出力として使うことを意味します。そして、前のバランサーの各出力レーンは、他のバランサーのレーンとバランスを取ります。出力も同じようにバランサーを出力します。こうすることで、あらゆる状況で最大のスループットを得ることができます。サイドバランサーは後付けです。私はまだ満足していません。

ブループリントを見る

『Factorio』で利用できるブループリントの掲載ページへのリンクです。該当ページで表示されるコードをコピーして、ゲーム内のインポート欄にペーストすることで登録されます。"Factorio Blueprint Editor (FBE)" を利用してブループリントの完成形を確認することも可能です。

ご注意

一部のブループリントはコードに不要な改行が入っており、データとして無効な形式になっていることが確認されています。『Factorio』で生成されるブループリントのコードには通常、改行 (\r\n) は含まれないため、コード内の改行を削除することでインポートが可能になる場合があります。

この記事を書いた人

もょもと

もょもと

没頭できるゲームを求めてうろうろしている週末ゲーマー。RPG, ハクスラ、シミュレーションゲームが大好物です。