缶詰のベース。

Factorio Blueprint: Base in a can.
ブックマーク推奨

当サイトは仮公開中につき、記事タイトルや本文の表現が今後調整されます。気に入った/気になったブループリントをあとから探せなくなる可能性があるため、それらの事態を回避したい場合はブックマーク等をおすすめします。

これは、多かれ少なかれ完成度は高いが、最適とは言えないベースである。ほとんどバスで移動するタイプで、バスの長さの各所に列車でマテリアルを追加することを想定しています。科学パックの作成部分は、古いティラブルの科学設計図などを流用しています。私は、グリッド付き列車軌道設計図、およびバランサー大全を、これと一緒に使用することを強くお勧めします。

この意図は、ゲームを終わらせることができる基地を作るために、どのように物事を広げればいいのか分からない新しいプレイヤーに、いくつかの指針を与えることです。

この設計図は、完成したハイテクな完成基地を撮影したものです。ほとんどの序盤のセクション(#1「歯車を作ろう」のセクションなど)は、低級ベルトとアセンブラーで部分的に構築する必要があります。また、最初にすべてを作る必要はなく、研究した部分のみを作ればよいので、次のグレードのベルトなどを研究した後に、設計図を書き直せばよいことに注意しましょう。

ブループリントを見る

『Factorio』で利用できるブループリントの掲載ページへのリンクです。該当ページで表示されるコードをコピーして、ゲーム内のインポート欄にペーストすることで登録されます。"Factorio Blueprint Editor (FBE)" を利用してブループリントの完成形を確認することも可能です。

ご注意

一部のブループリントはコードに不要な改行が入っており、データとして無効な形式になっていることが確認されています。『Factorio』で生成されるブループリントのコードには通常、改行 (\r\n) は含まれないため、コード内の改行を削除することでインポートが可能になる場合があります。

この記事を書いた人

もょもと

もょもと

没頭できるゲームを求めてうろうろしている週末ゲーマー。RPG, ハクスラ、シミュレーションゲームが大好物です。