補給/燃料/ゴミ箱列車システム v7.0

Factorio Blueprint: Supply / fuel / trash train system v7.0
ブックマーク推奨

当サイトは仮公開中につき、記事タイトルや本文の表現が今後調整されます。気に入った/気になったブループリントをあとから探せなくなる可能性があるため、それらの事態を回避したい場合はブックマーク等をおすすめします。

v8 https://factorioprints.com/view/-N1Fjabs3MgcG7obW_E_ があります。
補給列車システムv7: 前哨基地でアイテムが少なくなった場合、列車はメインベースにアイテムがある場合、より多く持ってきてくれます。また、燃料ワゴンも可能で、前哨基地には最高ランクの燃料を、基地には低ランクの燃料を持ち帰り、アイテムが設定量より20個以上多くなると、本隊に持ち帰られます。この列車は、複数の異なるロボットネットワークが、モール/メインベースからアイテムを要求することができます。各リクエスターステーションは、1台のワゴンにつき最大40種類のアイテムをリクエストすることができます。列車は提供ステーションで適宜積み込まれ、アクティブな要求者ステーションにアイテムを配送します。もし、列車が提供ステーションを出発する前に複数のステーションがアクティブになった場合、列車はアクティブなステーションに一度に供給されます。また、木材や岩石をリサイクルするために、依頼元で列車を積み込むこともできます。セットアップ
すべてのステーション(電柱)を緑色のワイヤーでつなぎます。各リクエスタステーションの定数コンビネータでアイテムと数量を設定する。そのステーションでゴミにしたくないアイテムをKEEP信号でコンビネータにセットする。
ロボポート(リクエスタステーション)に挿入するインサータは、ネットワーク内のロボットの量を調節します。

ブループリントを見る

『Factorio』で利用できるブループリントの掲載ページへのリンクです。該当ページで表示されるコードをコピーして、ゲーム内のインポート欄にペーストすることで登録されます。"Factorio Blueprint Editor (FBE)" を利用してブループリントの完成形を確認することも可能です。

ご注意

一部のブループリントはコードに不要な改行が入っており、データとして無効な形式になっていることが確認されています。『Factorio』で生成されるブループリントのコードには通常、改行 (\r\n) は含まれないため、コード内の改行を削除することでインポートが可能になる場合があります。

この記事を書いた人

もょもと

もょもと

没頭できるゲームを求めてうろうろしている週末ゲーマー。RPG, ハクスラ、シミュレーションゲームが大好物です。