SIR [MK II] – シバーザーの無限精製装置

Factorio Blueprint: SIR [MK II] - Shiverczar's Infinite Refinery
ブックマーク推奨

当サイトは仮公開中につき、記事タイトルや本文の表現が今後調整されます。気に入った/気になったブループリントをあとから探せなくなる可能性があるため、それらの事態を回避したい場合はブックマーク等をおすすめします。


SIR [MK II] – Improved Infinitely Tiled Refinery {the Abomination gets STRONGER} from factorio

redditの私のコメントからこれをリンクして、ここからコメント欄をリンクすると、無限ループにはまる人が出てくるのでは?

この怪しげな美しさは、流体の流れや入出力が許す限り、どの方向にも無限に敷き詰めることができる。2枚並べて片方を180度回転させるなんてことはしないで、全部並べててくれ。

これは良いデザインでしょうか?

私の考えでは、そうです。しかし、2つの精製所を向かい合わせにして、設計図全体が5タイル幅の空間に含まれ、どの方向にも無限にタイルを敷き詰めることができるという制約の下でのみ「良いデザイン」なのです。これらの制約を犠牲にすれば、間違いなく精製所の設定は改善されるでしょう。

ゲーム内に持ち込んで使用する際の実用性という点では?それは、下に置いて、いくつかのものを接続し、必要に応じて拡張することができるということです。材料費は高くなるし、専用設計より大きくなるけど、UPSや数百枚の鉄板の追加コストが気にならないなら…。精錬所の設計をやり直したり、超巨大な精錬所を作って、生産できる量に近いものを使わないというのは、何が困るかというと、精錬所の設計をやり直したり、作り直したりすることです。だから、これは実際に許容範囲内の目的を果たすものです。

でも、製油所がすべて一方向を向いていれば、100%いいものができたんですけどね。実際、簡単です。ほとんど無理なく、本当に。でも、これほど楽しい(そしてイライラさせられる:P)いじり方はないでしょう。

ブループリントを見る

『Factorio』で利用できるブループリントの掲載ページへのリンクです。該当ページで表示されるコードをコピーして、ゲーム内のインポート欄にペーストすることで登録されます。"Factorio Blueprint Editor (FBE)" を利用してブループリントの完成形を確認することも可能です。

ご注意

一部のブループリントはコードに不要な改行が入っており、データとして無効な形式になっていることが確認されています。『Factorio』で生成されるブループリントのコードには通常、改行 (\r\n) は含まれないため、コード内の改行を削除することでインポートが可能になる場合があります。

この記事を書いた人

もょもと

もょもと

没頭できるゲームを求めてうろうろしている週末ゲーマー。RPG, ハクスラ、シミュレーションゲームが大好物です。