カスタマイズ可能でサイズ変更可能な製錬所デザイン

Factorio Blueprint: Customizable and Resizeable Smeltery Design
ブックマーク推奨

当サイトは仮公開中につき、記事タイトルや本文の表現が今後調整されます。気に入った/気になったブループリントをあとから探せなくなる可能性があるため、それらの事態を回避したい場合はブックマーク等をおすすめします。

シンプルで、無限に繰り返すことができ、アップグレード可能な、どんな大きさの製錬所でも使えるデザインで、Electric Energy Distribution 1とLogisticsをアンロックしていることだけが必要です。私はファクトリシモ2を使っているので、手動で配電を行う必要はありませんが、このデザインはなくても動作します。すべてのパーツ(長手インサーターと中電力ポールを除く)は互換性があるので、もし本当に序盤なら、石炉で代用することができます。炉の量を増やすには、石炭と鉄鉱石のベルトを縦に長くして、インサーターと接する部分を長くすればいい。設計図はあくまでベースとして可能な限り小さなサイズであり、設計はおそらく100%効率的ではないだろうが、直すのが面倒だし、もう遅いので気にしないが、誰かが直そうとするのを見たい、私は確かに直せなかったからだ。

ブループリントを見る

『Factorio』で利用できるブループリントの掲載ページへのリンクです。該当ページで表示されるコードをコピーして、ゲーム内のインポート欄にペーストすることで登録されます。"Factorio Blueprint Editor (FBE)" を利用してブループリントの完成形を確認することも可能です。

ご注意

一部のブループリントはコードに不要な改行が入っており、データとして無効な形式になっていることが確認されています。『Factorio』で生成されるブループリントのコードには通常、改行 (\r\n) は含まれないため、コード内の改行を削除することでインポートが可能になる場合があります。

この記事を書いた人

もょもと

もょもと

没頭できるゲームを求めてうろうろしている週末ゲーマー。RPG, ハクスラ、シミュレーションゲームが大好物です。