ロボポートを自動充填

Factorio Blueprint: Auto-Fill Roboports
ブックマーク推奨

当サイトは仮公開中につき、記事タイトルや本文の表現が今後調整されます。気に入った/気になったブループリントをあとから探せなくなる可能性があるため、それらの事態を回避したい場合はブックマーク等をおすすめします。

ネットワーク内の各ロボポートに、物流ボットと建設ボットをそれぞれ150個(3スタック)ずつ自動充填するシステム。例えば、ネットワーク内に3つのロボポートがある場合、物流ボットと建設ボットはそれぞれ450台ずつになります。

ロジックとしては、(ロボットリミット – ネットワーク内の全ロボットタイプ)> 0であれば、そのロボットタイプのインサータを有効にします。

各ロボポートの横にはR=1を出力する定数コンバイナーがあるので、Robot LimitはR*150となり、ここで150はロボポートあたりの単一タイプ(ロジスティックまたはコンストラクション)のロボットの数です。ロボポートを1つ回路網に接続し、Read Robot Statisticsを起動すると、Total Robot typeが求まります。これにより、Y=総ロジスティックロボ、T=総コンストラクションロボとなります。

設計図集には、単一の自動充填ロボポート、自動充填ロボポートを持つ都市ブロック(Nilausの都市ブロックデザインを使用)、および計算のためのコンバイナーの設定が含まれています。

重要:回路ネットワークに接続するロボポートは1つだけ(コンバイナーと一緒に設計図にあるもの)であることが重要です。

回路網を使うのは初めてなので、何か違うやり方があれば教えてください。

ブループリントを見る

『Factorio』で利用できるブループリントの掲載ページへのリンクです。該当ページで表示されるコードをコピーして、ゲーム内のインポート欄にペーストすることで登録されます。"Factorio Blueprint Editor (FBE)" を利用してブループリントの完成形を確認することも可能です。

ご注意

一部のブループリントはコードに不要な改行が入っており、データとして無効な形式になっていることが確認されています。『Factorio』で生成されるブループリントのコードには通常、改行 (\r\n) は含まれないため、コード内の改行を削除することでインポートが可能になる場合があります。

この記事を書いた人

もょもと

もょもと

没頭できるゲームを求めてうろうろしている週末ゲーマー。RPG, ハクスラ、シミュレーションゲームが大好物です。