コンパクトでスマートな1.1GW 2×4原子力発電所 “リトルウィッチ”

Factorio Blueprint: Compact
ブックマーク推奨

当サイトは仮公開中につき、記事タイトルや本文の表現が今後調整されます。気に入った/気になったブループリントをあとから探せなくなる可能性があるため、それらの事態を回避したい場合はブックマーク等をおすすめします。

### コンパクトでスマートな 1.1GW 2×4 原子力発電所 “リトルウィッチ”
1.1GWの凄さ #### 特徴
* コンパクト**:正しい比率を維持しながらも、おそらく最もコンパクトな設計です。建設に必要なロボポートは1つだけです。
* 完璧な比率**。最小限の材料で1.1GWの持続的出力
* 片側給水**:水への接続が非常に簡単で、埋立地や埋立地の改造は必要ありません。
* 最小限の材料で、214本のヒートパイプ、12基の変電所、1基のロボポートを構築します。
**スマート**な燃料挿入:蒸気貯蔵量が少ないときだけ燃料を1つ挿入します。UPSが心配な場合やスチームタンク禁輸の場合は、回路コンバイネータとスチームタンクをすべて削除するだけでよい。
* 蒸気タンクと回路を削除すれば、かなりUPSフレンドリーになる可能性があります。
* 最もコンパクトな設計でありながら、コア部には十分なスペースがあり、ベルトフィードや追加回路への転換が容易に行えます。#### セットアップ
* 水をつなぎ、燃料を供給し、上部にある「電源スイッチ」を示す一定のコンビネータを「オン」にするだけです。
#### 私の他のデザイン。
* もしあなたがメガベース構築中で、END-GAMEの無限にタイル化可能で、最大限にコンパクトな原子力発電所が欲しいなら、 “paladin “をチェックしてみてください: https://factorioprints.com/view/-MQiNvjU_ZqkI7OgUO-z

ブループリントを見る

『Factorio』で利用できるブループリントの掲載ページへのリンクです。該当ページで表示されるコードをコピーして、ゲーム内のインポート欄にペーストすることで登録されます。"Factorio Blueprint Editor (FBE)" を利用してブループリントの完成形を確認することも可能です。

ご注意

一部のブループリントはコードに不要な改行が入っており、データとして無効な形式になっていることが確認されています。『Factorio』で生成されるブループリントのコードには通常、改行 (\r\n) は含まれないため、コード内の改行を削除することでインポートが可能になる場合があります。

この記事を書いた人

もょもと

もょもと

没頭できるゲームを求めてうろうろしている週末ゲーマー。RPG, ハクスラ、シミュレーションゲームが大好物です。