ソーラー自動配備機

Factorio Blueprint: Automatic Solar Deployer
ブックマーク推奨

当サイトは仮公開中につき、記事タイトルや本文の表現が今後調整されます。気に入った/気になったブループリントをあとから探せなくなる可能性があるため、それらの事態を回避したい場合はブックマーク等をおすすめします。

これは、自動的に基地にソーラーフィールドを配備し、より多くの電力を構築することを心配する必要がありません。

ビルダーは次の設計図を配置する前に、必要な量の建築資材があることと、ロボットがアイドル状態であることを確認します。アキュムレータに接続することで、必要なときに拡張するように設定することもできます。

標準的な設定は、1ステップジャンプする前に5つのフィールドを連続して展開することです。

これを動作させるには、これを別のロボットネットワークとして持つ必要があり、物流ネットワークにあるべき唯一のプリントは、このディプロイダーと一緒にあるソーラーフィールドブループリントです。また、Recursive blueprintsというmodも必要です。

このコンセプトはNilausから来たものですが、彼のプリントは0.14から更新されていません。

ブループリントを見る

『Factorio』で利用できるブループリントの掲載ページへのリンクです。該当ページで表示されるコードをコピーして、ゲーム内のインポート欄にペーストすることで登録されます。"Factorio Blueprint Editor (FBE)" を利用してブループリントの完成形を確認することも可能です。

ご注意

一部のブループリントはコードに不要な改行が入っており、データとして無効な形式になっていることが確認されています。『Factorio』で生成されるブループリントのコードには通常、改行 (\r\n) は含まれないため、コード内の改行を削除することでインポートが可能になる場合があります。

この記事を書いた人

もょもと

もょもと

没頭できるゲームを求めてうろうろしている週末ゲーマー。RPG, ハクスラ、シミュレーションゲームが大好物です。