石炭からロケット燃料 75i/m

Factorio Blueprint: Rocket fuel from coal 75i/m
ブックマーク推奨

当サイトは仮公開中につき、記事タイトルや本文の表現が今後調整されます。気に入った/気になったブループリントをあとから探せなくなる可能性があるため、それらの事態を回避したい場合はブックマーク等をおすすめします。

# Desc
石炭の液化処理により、石炭をロケット燃料に変換する。比率:石炭44個でロケット燃料3個。

## 仕様
– 出力。75 ロケット燃料/m
– 出力:29MW
– 入力 石炭1100個/m、水(洋上ポンプ0.2基)

## プロセスを開始する
石炭の液化プロセスを開始するには、200の重油(5バレル)が必要です。その後、精製所は石炭が供給される限り、自分自身を養う。

スタートアップ時には *ボイラー* に石炭が供給されるが、できるだけ早く *固体燃料* に置き換えられる。

設計図には、この用途に特化した 2 つのオプション *Assembling machines* (青) が含まれている。右側は重油を5樽入れて処理を開始するのに使うことができます。その後、空の樽5個を左の樽に格納することができます。ボイラー*に*固体燃料*が完全に供給されると、樽は油で満たされ、手動で再起動できるように予約される。

## 注
必要な石炭生産量(1100 / m)は、*採掘ドリル*37台分(またはフルスピードモジュールで15台分)に相当します。
または、7分毎に4つの満杯の貨車を持つ列車の配送に相当します。

このプロセスは、スピードモジュールによって自己制御され、バランスが保たれています。それはベルト上の*固体燃料*の生産の過剰を表示しますが、これはそれらの消費/変換とバランスで生産流体のレベルを維持するために(*化学プラント*を妨害することによって)規制に参加しています。あなたがそれのいくつかを取ることを計画している場合、この事実を考慮するようにしてください。

ブループリントを見る

『Factorio』で利用できるブループリントの掲載ページへのリンクです。該当ページで表示されるコードをコピーして、ゲーム内のインポート欄にペーストすることで登録されます。"Factorio Blueprint Editor (FBE)" を利用してブループリントの完成形を確認することも可能です。

ご注意

一部のブループリントはコードに不要な改行が入っており、データとして無効な形式になっていることが確認されています。『Factorio』で生成されるブループリントのコードには通常、改行 (\r\n) は含まれないため、コード内の改行を削除することでインポートが可能になる場合があります。

この記事を書いた人

もょもと

もょもと

没頭できるゲームを求めてうろうろしている週末ゲーマー。RPG, ハクスラ、シミュレーションゲームが大好物です。