鉱石からモールとすべてのオイルを持つリモート入植者のベース

Factorio Blueprint: Remote settlers base with mall and all oils from ore
ブックマーク推奨

当サイトは仮公開中につき、記事タイトルや本文の表現が今後調整されます。気に入った/気になったブループリントをあとから探せなくなる可能性があるため、それらの事態を回避したい場合はブックマーク等をおすすめします。

列車で運ばれてくる鉱石から、モール、すべての石油処理、回路、モジュールなどを備えたコンパクトな基地のためのBPブックがここにある。
遠くの入植者の基地を追加で始めるのに最適です。

特徴
– 鉱石の投入は、すべての中間製品が地元で生産されるので十分ですが、列車から中間製品が入手可能な場合は、それを利用することもできます。中間製品を持ち込むことで、アイテムの生産がより早くなり、しかもオプションのままです。
– 3つの入植者用列車の設計図が含まれています。荷馬車はあらかじめ設定されています。ロボットにそれらを充填させれば、新しい遠隔地の入植者基地を建設するためのすべてが揃います。
– 基地全体と個々のパーツは別々の設計図で提供されているので、自分だけのレイアウトを作ることができます。
– ボットベースのモールはスタンドアローンなので、他の場所で使用することもできます。かなり遅いですが、必要なものはすべて揃います。
– また、ウラン鉱石を持ち込めば核燃料も生産されます。
– 予備の駅もいくつか用意されています。
– すべての列車は設計図にある
– ロボット、もちろん、それもやや後半戦です。
– バニラv1.2
– 消費電力はアイテム生産にもよりますが、300MW程度です。
– 余った木材バーナー
– 手動スイッチで一部限定発電を開始
– 科学なし、砲弾なし

画像: https://imgur.com/a/dvWH6BC

ブループリントを見る

『Factorio』で利用できるブループリントの掲載ページへのリンクです。該当ページで表示されるコードをコピーして、ゲーム内のインポート欄にペーストすることで登録されます。"Factorio Blueprint Editor (FBE)" を利用してブループリントの完成形を確認することも可能です。

ご注意

一部のブループリントはコードに不要な改行が入っており、データとして無効な形式になっていることが確認されています。『Factorio』で生成されるブループリントのコードには通常、改行 (\r\n) は含まれないため、コード内の改行を削除することでインポートが可能になる場合があります。

この記事を書いた人

もょもと

もょもと

没頭できるゲームを求めてうろうろしている週末ゲーマー。RPG, ハクスラ、シミュレーションゲームが大好物です。