オンデマンドTier3モジュール、タイル化可能

Factorio Blueprint: On-demand Tier 3 Modules
ブックマーク推奨

当サイトは仮公開中につき、記事タイトルや本文の表現が今後調整されます。気に入った/気になったブループリントをあとから探せなくなる可能性があるため、それらの事態を回避したい場合はブックマーク等をおすすめします。

これは、過剰生産や過剰なブルーサーキットをバッファリングすることなく、オーダーメイドの生産速度で大量のティア3モジュールを生産する大型設計図集である。

設計図の説明ではできる限り多くの情報を提供し、ほとんどのプレイスルーのニーズに合うと思われる構築例を提供するよう努めました。

Tier 2のスピードモジュールはビルドをよりコンパクトにするために使用されていますが、Tier 3のモジュールは目的から外れていると思うので、設計では使用されていません。

また、このシステムではバッファーチェスト内のブルーサーキットをすべて取り除き、メインのロジスティックネットワークに戻すことができます。これを行うと、もちろん進行中のオーダーは一時停止しますが、システムが壊れたりオーダーそのものが中断されることはありません。

ただし、注文をリセットすることはできませんので、注文のしすぎにはご注意ください。もし、このような状況に陥った場合は、設計をカットして貼り付けることをお勧めします。

ブループリントを見る

『Factorio』で利用できるブループリントの掲載ページへのリンクです。該当ページで表示されるコードをコピーして、ゲーム内のインポート欄にペーストすることで登録されます。"Factorio Blueprint Editor (FBE)" を利用してブループリントの完成形を確認することも可能です。

ご注意

一部のブループリントはコードに不要な改行が入っており、データとして無効な形式になっていることが確認されています。『Factorio』で生成されるブループリントのコードには通常、改行 (\r\n) は含まれないため、コード内の改行を削除することでインポートが可能になる場合があります。

この記事を書いた人

もょもと

もょもと

没頭できるゲームを求めてうろうろしている週末ゲーマー。RPG, ハクスラ、シミュレーションゲームが大好物です。