シンプルなビルダートレイン

Factorio Blueprint: Simple Builder Train
ブックマーク推奨

当サイトは仮公開中につき、記事タイトルや本文の表現が今後調整されます。気に入った/気になったブループリントをあとから探せなくなる可能性があるため、それらの事態を回避したい場合はブックマーク等をおすすめします。

定数コンビネータの入力に基づきロードするシンプルなビルダートレイン。
ビルダーロード。
一般的な消耗品と建設ボットの入ったものをあらかじめ作っておきました。
それぞれ異なるロードアウトを設定することができます。コンビネーターのオン/オフを切り替えて、列車に積み込むものを指定します。アクティブなコンビネータにないものは、プロバイダにアンロードされるので、列車は簡単にロードアウトを変更でき、ゴミ拾いを処理できます。
N = 依頼主の宝箱の数。ステーションは拡張可能で、ローディングアームとチェストをコピー&ペーストして、チェストの数に合わせてNを変更するだけです(これは単にリクエスタの過剰在庫を防ぐためです)。
ロードアウトを頻繁に変更すると、リクエスタのチェストが詰まってしまうことがあるので、ctrl+xで空にする必要があります。
ビルダー駅が解体されたときに列車のスケジュールが混乱しないように、ダミー駅が含まれています。
ビルダーのアンロード
コンスタントコンビネーター(C)に最大希望建設ボットを設定します。私はデフォルトで200に設定しました。
他のロジックはなく、ただ列車の中身を捨てるだけです。建設が終わったら、インサータをctrl+xして、反転、置換するだけで、残ったマットやゴミが列車に戻されます。それから全部を分解して、列車を家に帰します。)
注:適切なモールリサイクルシステムを持たずにこの列車でロードアウトを頻繁に変更すると、ストレージチェストに大量のパージされたアイテムが残ってしまう可能性があります。

ブループリントを見る

『Factorio』で利用できるブループリントの掲載ページへのリンクです。該当ページで表示されるコードをコピーして、ゲーム内のインポート欄にペーストすることで登録されます。"Factorio Blueprint Editor (FBE)" を利用してブループリントの完成形を確認することも可能です。

ご注意

一部のブループリントはコードに不要な改行が入っており、データとして無効な形式になっていることが確認されています。『Factorio』で生成されるブループリントのコードには通常、改行 (\r\n) は含まれないため、コード内の改行を削除することでインポートが可能になる場合があります。

この記事を書いた人

もょもと

もょもと

没頭できるゲームを求めてうろうろしている週末ゲーマー。RPG, ハクスラ、シミュレーションゲームが大好物です。