2×2 原子力片面水力発電 480 MW

Factorio Blueprint: 2x2 Nuclear single side water loading 480 MW
ブックマーク推奨

当サイトは仮公開中につき、記事タイトルや本文の表現が今後調整されます。気に入った/気になったブループリントをあとから探せなくなる可能性があるため、それらの事態を回避したい場合はブックマーク等をおすすめします。

この本には、リアクターの燃料供給が異なる3種類のバージョン(シングルベルト、ダブルベルト、ロジスティックチェスト)と、燃料節約を考慮したものとそうでないものの2種類のバリエーションが収録されています。シングルベルトは空の燃料電池を同じ方向に戻すことにこだわらない場合、ダブルベルトは空の燃料電池を同じ方向に戻したい場合、ロジスティックチェストはロボット用です。ロボポートは原子炉の間に十分なスペースがありますが、設置場所の自由度を高めるために含まれていません。

燃料節約型では、各リアクターに1つずつ燃料電池を手動で供給しないとリアクターが動きません。燃料電池の交換に時間がかかるため、1MW少ない479MWの定格出力ですが、現実のシナリオではリアクターを100%活用することはないため、代わりに480MWを得ることができます。

ブループリントを見る

『Factorio』で利用できるブループリントの掲載ページへのリンクです。該当ページで表示されるコードをコピーして、ゲーム内のインポート欄にペーストすることで登録されます。"Factorio Blueprint Editor (FBE)" を利用してブループリントの完成形を確認することも可能です。

ご注意

一部のブループリントはコードに不要な改行が入っており、データとして無効な形式になっていることが確認されています。『Factorio』で生成されるブループリントのコードには通常、改行 (\r\n) は含まれないため、コード内の改行を削除することでインポートが可能になる場合があります。

この記事を書いた人

もょもと

もょもと

没頭できるゲームを求めてうろうろしている週末ゲーマー。RPG, ハクスラ、シミュレーションゲームが大好物です。