一般的な核回路

Factorio Blueprint: Generic Nuclear Circuitry
ブックマーク推奨

当サイトは仮公開中につき、記事タイトルや本文の表現が今後調整されます。気に入った/気になったブループリントをあとから探せなくなる可能性があるため、それらの事態を回避したい場合はブックマーク等をおすすめします。

これは、原子力発電所を扱うための一般的な回路ロジックです。

* 原子炉は、蒸気を必要としないときは、燃料を燃やしません。
* すべての原子炉に燃料があるときだけ、原子炉は起動する
* システム障害(十分な燃料がない、枯渇したセルが多すぎる)には、プレイヤーに警告が出されます。

ステータスグリッドには、5つの出力色があります。

* 赤。燃料不足 – 一部のリアクターに追加の燃料がありません。
* 紫色。紫:出力バックログ-枯渇した燃料セルが多すぎる
* 黄色。黄色:原子炉は稼働しているが、蒸気が不足している
* 緑色。緑:原子炉が稼働中で、十分な蒸気がバッファされている状態。
* 青。反応器非活性(蒸気は十分、アラートなし)

左上の定数コンビネータは、セットアップのための設定を含んでいます。中段の定数コンビネータはライトのデバッグ用で、削除も可能です。

システムが、利用可能な燃料の合計ではなく、利用可能な燃料を持つ燃料挿入機の数をカウントすることが非常に重要であり、そのため各反応炉は独自のコンビネータを持っています。ロジスティックチェスト用のセットアップ例と、ベルトベースのセットアップ例を載せておきます。

ブループリントを見る

『Factorio』で利用できるブループリントの掲載ページへのリンクです。該当ページで表示されるコードをコピーして、ゲーム内のインポート欄にペーストすることで登録されます。"Factorio Blueprint Editor (FBE)" を利用してブループリントの完成形を確認することも可能です。

ご注意

一部のブループリントはコードに不要な改行が入っており、データとして無効な形式になっていることが確認されています。『Factorio』で生成されるブループリントのコードには通常、改行 (\r\n) は含まれないため、コード内の改行を削除することでインポートが可能になる場合があります。

この記事を書いた人

もょもと

もょもと

没頭できるゲームを求めてうろうろしている週末ゲーマー。RPG, ハクスラ、シミュレーションゲームが大好物です。