意志のSchlangensystem v0.2.0

Factorio Blueprint: Willsches Schlangensystem v0.2.0
ブックマーク推奨

当サイトは仮公開中につき、記事タイトルや本文の表現が今後調整されます。気に入った/気になったブループリントをあとから探せなくなる可能性があるため、それらの事態を回避したい場合はブックマーク等をおすすめします。

(ドイツのスーパースター、Florentin Pascal David “Tini” WillがRocketbeansTVのLet’s Playシリーズで行っているサイエンスハブを再現したものです。ドイツ語の読者のため、ドイツ語のテキスト)

特許出願中です。©2021 Florentin “Tini” Will.

模倣は歓迎されない。実際、コピーしたいと思う人はほとんどいません。

v0.1.0:
RBTV Factorio LP Ep2。
ロンググラップリングアームが正しくセットされている

v0.2.0:
RBTV Factorio LP Ep3後の状態。
宇宙人の攻撃によるダメージなし。

homeape.の真似をして、真似をする人がたくさんできるようにアップロードしています。ニヤリ。模倣の間違いがあれば報告してください、レッツプレイのコメント欄のどこかに必ず私がいます。

ブループリントを見る

『Factorio』で利用できるブループリントの掲載ページへのリンクです。該当ページで表示されるコードをコピーして、ゲーム内のインポート欄にペーストすることで登録されます。"Factorio Blueprint Editor (FBE)" を利用してブループリントの完成形を確認することも可能です。

ご注意

一部のブループリントはコードに不要な改行が入っており、データとして無効な形式になっていることが確認されています。『Factorio』で生成されるブループリントのコードには通常、改行 (\r\n) は含まれないため、コード内の改行を削除することでインポートが可能になる場合があります。

この記事を書いた人

もょもと

もょもと

没頭できるゲームを求めてうろうろしている週末ゲーマー。RPG, ハクスラ、シミュレーションゲームが大好物です。