アークスフィアレクエスター(バランサーではありません)

Factorio Blueprint: Arcosphere Requester(Not balancer)
ブックマーク推奨

当サイトは仮公開中につき、記事タイトルや本文の表現が今後調整されます。気に入った/気になったブループリントをあとから探せなくなる可能性があるため、それらの事態を回避したい場合はブックマーク等をおすすめします。

-> これはバランサーではありません – 既存のバランサーへのリクエストのみ <-) ロジスティックネットワークの信号を比較し、どのarcosphereが多すぎるかを判断します。設計図の上部にある二重矢印で示されたConstant Combinatorに3つの許容値を入力することができます(mod "Text Plates "が必要です)。 デフォルト値は20 - これは、8つの球体のいずれかが球体全体の偏差(私は数学用語を知らないので、正しい用語ではないかもしれませんが気にしないでください)を20%超える場合、バランサーに送るよう要求されることを意味します(それは含まれていません)。 例えば あなたの物流ネットワークには1800個の球体があります。単純な除算で、偏差は球体の総数(1800)を種類(8 - ラムダ、Xi、ゼータなど)で割った結果であることがわかります。 標準的な20%の偏差で、あなたは前にタイプごとに225 + 20%(45) = 270球まで持つことができます - それがこの量を超えた場合、要求者はあなたのバランサーに「過剰な」球のタイプの信号を送り、バランスを取り直すか何かをすることになります。 私は現在arcosphereバランサーを使用していますが、これは私の作品ではないので、許可なく共有することはできません。

ブループリントを見る

『Factorio』で利用できるブループリントの掲載ページへのリンクです。該当ページで表示されるコードをコピーして、ゲーム内のインポート欄にペーストすることで登録されます。"Factorio Blueprint Editor (FBE)" を利用してブループリントの完成形を確認することも可能です。

ご注意

一部のブループリントはコードに不要な改行が入っており、データとして無効な形式になっていることが確認されています。『Factorio』で生成されるブループリントのコードには通常、改行 (\r\n) は含まれないため、コード内の改行を削除することでインポートが可能になる場合があります。

この記事を書いた人

もょもと

もょもと

没頭できるゲームを求めてうろうろしている週末ゲーマー。RPG, ハクスラ、シミュレーションゲームが大好物です。