自動駆除システム

Factorio Blueprint: Automated Extermination System
ブックマーク推奨

当サイトは仮公開中につき、記事タイトルや本文の表現が今後調整されます。気に入った/気になったブループリントをあとから探せなくなる可能性があるため、それらの事態を回避したい場合はブックマーク等をおすすめします。

この度、私の作品(ほぼ)であるAESをご紹介させていただくことになりました。これは3つの設計図のセットです。
ネスト検出とマーキング バイターのネストを検出し、赤いXでマークします(当たり前ですが)。速度、範囲、座標をオフセットして、スキャンされる範囲を調整することができます。(この件で助けてくれたu/warbaqueに大感謝です!). 配置システムは、ユニットをマークに送り、もし存在しなければ、緑の下向き矢印でマークされたホームベースに戻し、そこで補給と修理を行うことができます。正しいユニットIDとタイプにタスクを割り当てるため、配置後に多少の微調整が必要です。ゾーン削除システムは、私はそれのための任意の信用を取ることはありませんように、私は便宜上含めるものです – それは、この設計図のセットに大きく影響を与えた彼のチュートリアルNilausによって作成されています。とはいえ、使用する際には注意が必要です。このシステムは攻撃中にマークの周りを移動するようにユニットに指示しないので、ターゲットに到達した後、マークの付いた巣が破壊されるまでじっと座っていることになり、スピッターに対して非常に脆弱なままです。また、リンクしている車両はすべて正確なタイルに突っ込もうとするので、他の車両にダメージを与える可能性があります。AESは全体的に少量のシールド付きジェット機での使用に適しています。

ブループリントを見る

『Factorio』で利用できるブループリントの掲載ページへのリンクです。該当ページで表示されるコードをコピーして、ゲーム内のインポート欄にペーストすることで登録されます。"Factorio Blueprint Editor (FBE)" を利用してブループリントの完成形を確認することも可能です。

ご注意

一部のブループリントはコードに不要な改行が入っており、データとして無効な形式になっていることが確認されています。『Factorio』で生成されるブループリントのコードには通常、改行 (\r\n) は含まれないため、コード内の改行を削除することでインポートが可能になる場合があります。

この記事を書いた人

もょもと

もょもと

没頭できるゲームを求めてうろうろしている週末ゲーマー。RPG, ハクスラ、シミュレーションゲームが大好物です。